kikkawaryuハワイ愛

ハワイをきっかけにマイレージを貯め始めた三十路陸マイラー男の日記

セントレアと関空の中間に住んでる人向け?!2018年SFC修行ルート

このたび、2018年SFC修行を決行することになりました。私のようにセントレアと関空の中間あたりに在住の方の参考になればと思います。私は海外発券を駆使します。海外発券を含んだ私の考えるSFC修行プランを紹介いたします。

 

 

SFC修行の方法(ルート)

 

SFC修行の方法には大きく分けて(勝手に分けましたが)

1. 国内線で単純往復や三角とび

2. 〇〇タッチと呼ばれる国際線 (海外発券)

があります。

 

www.kikkawaryuji.com

2018年の国内線の状況

 

単に私の動き出しが早すぎて来年の運航ダイヤが決まってないだけなのかわかりませんが、2016、2017年と比べ、2018年は良いPP単価を叩き出す路線や効率の良いルートが少ないように思います。

ちなみに羽田-石垣はかなり良いPP単価ですが、朝から羽田発を入れ込むことができるのは、関東に住んでる方に限られてしまいます。あるいは、前日に東京入りする必要があります。そして、2018年1月の石垣-羽田便に至っては、平日ですら、もうすでに満席になっている日もあります

羽田空港発着を選ばないとしても、私の住んでるところから空港までは片道2時間はかかりますので、朝8時台の便は厳しく、一番無難なもので、セントレア-石垣便です。セントレアから石垣空港までの運賃は30,310円、獲得PPは3,010PP、PP単価は10.07円/PPです(片道)。

 往:名古屋10:50-13:55石垣

 復:石垣14:35-16:50名古屋

この往復便はご覧のとおり、石垣に着いてすぐ帰りの便に乗るため、同じCAさんに『あら?もうお帰りですか?おかえりなさいませ』と言われることは避けられません。

『泡盛と海ぶどうを買いに行くだけのために、プレミアムクラスに乗ってやったぜェ!ワイルドだろゥ?』と言う勇気は私にはありません(ネタ古くてすみません)。

セントレア発の場合、このプランが無難ではありますが、往復で6,020PPなので、8往復+1往復で2,000PPどこかで稼ぐというのが単純なプランになります。8回もとんぼ帰りで面白くない、かつ、泡盛と海ぶどう作戦の恥ずかしい苦痛なプランです。

 

破壊力抜群!海外発券とは?

 

私が調べてく中で目に留まったのが海外発券です。

海外発券とは?『海外に行って航空券を買う』のではありません。行為自体は言葉の定義的にはあってます。

 

普通であれば、日本発-海外着の往復で航空券を買いますね。

それを逆にして、海外発-日本着の往復を買うのです。

その裏技で最も輝く国があります。

 

マレーシアです。

 

マレーシアが凄いんです!

まず、試しにANAのサイトで

日本(HND)発-クアラルンプール(KUL)着の航空運賃を検索してみてください。

※以降ではマレーシアのクアラルンプールをKUL、羽田をHND、石垣島をISGと記します。

 

エコノミーが85,170円

f:id:kikkawaryuji:20171103085810p:plain

 

ビジネスクラスが147,170円

f:id:kikkawaryuji:20171103085910p:plain

 

次に

クアラルンプール発-日本着の航空運賃を検索してみましょう。

 

エコノミー21,790円?!

f:id:kikkawaryuji:20171103085925p:plain

 

ビジネスクラス76,390円?!

f:id:kikkawaryuji:20171103085953p:plain

 

はい、目からウロコです。目が飛び出そうになりました。

KUL発のビジネスクラスは、日本(HND)発のエコノミーよりも安いです!

 

そして、獲得できるPPは同じクラスであれば、日本発だろうがKUL発だろうが、同じなのです(表現がわかりにくいですね。。。)

 

つまり、

日本発では

エコノミー 運賃 PP PP単価
HND KUL 85170 3504 24.31
KUL HND 109040 3504 31.12
合計 194210 7008 27.71

※Uクラスで積算率70%

 

ビジネス 運賃 PP PP単価
HND KUL 147170 6658 22.1
KUL HND 150350 6658 22.58
合計 297520 13316 22.34

※ Dクラスで積算率125%

 

であるのに対し、KUL発にすると、

エコノミー 運賃 PP PP単価
KUL HND 21790 2503 8.71
HND KUL 22170 2503 8.86
合計 43960 5006 8.78

※Sクラスで積算率50%

 

ビジネス 運賃 PP PP単価
KUL HND 76390 6658 11.47
HND KUL 76770 6658 11.53
合計 153160 13316 11.5

 ※Zクラスで積算率125%

となるわけです。

※エコノミーは積算率違うので比較になってなくてすみません。

 

さらに凄いのが、日本の目的地を羽田でなく石垣島にすると、

エコノミー 運賃 PP PP単価
KUL HND
41460
4991
8.31
HND ISG
ISG HND
34980
4991
7.01
HND KUL
合計 76440 9982 7.66

※Sクラスで積算率50%、HND-ISG間は積算率100%

 

ビジネスクラスでは、

ビジネス 運賃 PP PP単価
KUL HND
83380
9106
9.16
HND ISG
ISG HND
83860
9106
9.21
HND KUL
合計 167240 18212 9.18

※Zクラスで積算率125%、HND-ISG間は積算率100%

 

こんなに安くかつ大量にPPを獲得できてしまいます!凄いですね!

ビジネスクラスで往復すれば、PP単価は9円代にはなりますが、一発で18,212PP貯まります!

 

※ 上記PPはANA一般会員、ANAワイドゴールドカード所有という条件で算出してます。 PPは所有するANAカードやステータスで変わるので、ご自分で再度お確かめください。

ANA SKY WEB : ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション

 

このクアラルンプール発の海外発券はもちろん良いことばかりではありません。

デメリットは、

1. 日本からマレーシアへ一度は片道で行かねばならないこと(割高)

 ※俗に『赴任』と呼ぶそうです。

2. マレーシアへ帰ったら、最後は日本へ片道発券で帰る必要がある(少し割高)

 

先に2ついて述べますと、2についてはプレミアムエコノミーを使えば、PP単価6~7円台を叩き出すことができます。

ただし、今現在、マレーシアから日本まですべてANAで往復する便(コードシェア便を含まない)はプレミアムエコノミーがありません。

※2018年3月末にプレミアムエコノミーの便が運航開始するそうです。

コードシェア便を含む便はANAスカイコインでの支払いができません (間違ってたら、ご指摘ください)

 

1については自腹を切ってエアチャイナのビジネスクラスを使うのが王道のようですが、私の場合、棚ぼたのように貯まったデルタスカイマイルを使うことにします。

 

また、解約済みのデルタAMEXゴールドも2018年1月末までゴールドメダリオンが有効ということがわかりましたので、何か役に立たないかと、ステータスマッチを申請してみようと思います。

1年前の稚拙な記事を更新しましたので、是非ともご覧いただけたら幸いです。

 

www.kikkawaryuji.com

 

私のSFC修行スタイル

 

私は現在、セントレアと関空の間くらいのところに住んでおります。どちらも選択肢になる反面、空港まで遠いのが難点です。朝8時台の飛行機に乗るのは厳しい方、奈良、滋賀、三重にお住まいの方の参考になればと思います。

 

私の考えるSFC修行プランは、

1. 奈良県や三重県や滋賀県在住の方 (朝8時台発の飛行機が間に合わない方)

2. 有給がとりやすい会社に勤務の方

3. 子持ちで土日は妻子と一緒に過ごしたい方

というごく限られた方にのみご参考になるかと思います。

※もちろん土日も使って修行する方は上記2と3の条件は関係なくなります。

4. トンボ返り(行きと同じCAさんの便で帰る)はしない

5. PP単価は10PP/円が目標 

 

KULの海外発券は出発時間がKUL発もISG発も夕方になりますので、セントレアや関空から遠い方(片道2時間以上)でも、余裕をもって空港に到着可能です。 

 

私個人の話 -SFC修行スタイルのポイント-

・できれば仕事のある日に行う(有給を駆使する)

・土日は家族との時間を取りたい (特に共働きの始まる4月以降はSFC修行しない)

・3月中は上の子が産後保育が終了し自宅待機+妻も仕事してない状態なので避ける

⇒有給を取って、1-2月にたたみかけて終わらせることとします。

 

・会社に怪しまれない(転職活動と勘違いされない)程度に有給を取り、1月~2月中に極力入れ込む

 ・PP単価も大事だけど、一発あたりの獲得PPがデカいのを入れ込む (そこで海外発券!)

 ・前述のデルタスカイマイルやアメリカン航空のマイルも可能であればどこかで使う 

  

ということで、

デルタの特典航空券とANAの海外発券を駆使しまして、早速予約しました。

日程は秘密ですが、以下、私のSFC修行プランです。

 

1st 運賃 PP PP単価 獲得マイル 航空券
1日目(月) 関空 KUL - - - - デルタ特典
2日目(火) KUL 羽田
76480
9106
8.4
5215
ANA海外往
3日目(水)
羽田 石垣 1530
石垣 関空 24900 2822 8.82 1513 ANA国内特割
2nd 運賃 PP PP単価 獲得マイル 航空券
4日目(水)
名古屋 石垣 29910 3010 9.94 1631
ANA国内特割
石垣 関空 24900 2822 8.82 1513

 

3rd 運賃 PP PP単価 獲得マイル 航空券
5日目(水)
名古屋 石垣 29910 3010 9.94 1631
ANA国内特割
石垣 関空 25550 2822 9.05 1513

 

4th 運賃 PP PP単価 獲得マイル 航空券
6日目(木)
関空 那覇 14600 1108 13.18 692
ANA国内特割
那覇 石垣 7600 370 20.54 231
石垣 関空 25550 2422 10.55 1263

 

 

5th 運賃 PP PP単価 獲得マイル 航空券
7日目(日)
名古屋 石垣 30310 3010 10.07 1631 ANA国内特割
石垣 羽田
83560
9106
9.18
1530
ANA海外復
羽田 KUL 5215
8日目(月)
KUL SIN
55390
7855
7.05
4172
ANA海外片道
SIN 羽田
9日目(火)
羽田 石垣 1530
石垣 関空 25550 2822 9.05 1513 ANA国内特割

 

合計
運賃 PP PP単価 獲得マイル
454210 50285 9.03 32323

 

※1. デルタとANA海外発券片道以外はスカイコイン398,820円で捻出

(250,000マイル⇒400,000スカイコインに交換、海外片道の自腹分は55,390円)

※2. デルタ発券手数料や空港までの交通費などを含めると、総額478,520円(9.51PP/円)

※3. 獲得マイルは、途中からブロンズステータス付与されたとすると、34,349マイル (デスクへ電話必要)

※4. 4thの那覇は50,000PPの微調整

※5. 海外発券は1回だけ日曜日と重なる

※6. 有給取得日数は8日(なので、あまり参考にならないかもしれません)

 

なんだかんだ、国内でブンブン飛んどいたほうがいいんじゃないの?と言われそうですね(笑)

 

1~2月中で終わりきらなければ(もし計算間違いをしてたら)、残りのPPは3月中に国内路線で入れ込んでクリアする予定です。 

そして、4月にはプラチナ事前サービス開始、5月に2019年のハワイ特典航空券の発券です!

 

初のSFC修行は、自腹分55,390円と400,000スカイコイン(250,000マイル)でSFC修行解脱できそうです。

ANAスカイコインの捻出は皆さんご存知のこちらの方法です。

 

www.kikkawaryuji.com

 

私の夢は、2019年のハワイ旅行のチェックインカウンターあるいはラウンジへ入る前に、妻へ『実はこそこそSFC修行してたの、ゴメンね』とカミングアウトし、ビンタされーの、ラウンジで許してもらうことです!