kikkawaryuハワイ愛

ハワイをきっかけにマイレージを貯め始めた三十路陸マイラー男の日記

ポイントサイトのクレジットカード案件の手順

先日マイルの貯め方を紹介しましたが、実際にポイントサイトでクレジットカード発行でポイントを貯める手順を説明します。

以下はポイントサイトに登録した後の話になります。

ポイントサイトについてはこちらです。

www.kikkawaryuji.com


 

実際の手順

 

私の場合はまず、どのポイントサイトが一番高還元でポイント案件を出しているかわかる、どこ得?というサイトを利用します。

 

f:id:kikkawaryuji:20170605180728p:plain

ちなみに、デフォルトでは全ポイントサイトが表示される仕様になっているので、設定をクリックして、自分の登録しているポイントサイトにだけレ点のチェックを入れます。

f:id:kikkawaryuji:20170605180800p:plain

 

設定を保存したら、カードと入力して、どこ得?タブをクリックします。

 

f:id:kikkawaryuji:20170605180950p:plain

 

すると、以下のような検索結果となりました。

 

f:id:kikkawaryuji:20170605181038p:plain

 

上位のほうのクレジットカードはほぼ年会費がかかるクレジットカードです。

ちょびリッチのNTTグループカードが9,000円となかなかの高案件で、このカードはWeb明細登録をすれば年会費無料なので、これをちょびリッチから発行するとします。

※1. 案件は日々変わっていきます。当記事を書いたのはポイント案件をこなした2日後ですが、上記のNTTグループカードの9,000円の案件はなくなっています。

※2. NTTグループカードはWeb明細登録をお忘れなく!年会費がかかります!

ちなみにクレジットカード案件でポイントが10,000円近いカード、それも年会費無料であるものは狙い目です。

 

そして、ちょびリッチを開きます。

f:id:kikkawaryuji:20170605182058p:plain

 

赤枠で囲った『キーワードを入力してください』の欄に'NTT'と入力します。

 

f:id:kikkawaryuji:20170605182332p:plain

 

ありました!隣のNTTグループゴールドカードのポイント還元がまったく高くない(1,400円)のが不思議ですね。

クリックすると下記のような画面が表れます。

 

f:id:kikkawaryuji:20170605182453p:plain

 

発行だけで9,000円相当のポイントですね。中には発行後5,000円決済などの案件もあるため、そういったカードを発行する場合、決済条件額を満たすよう利用が必要です。ポイント対象外はカード申込みから90日以内にカード発券に至らなかった場合とありますね。これは早い話が、審査落ちで発行できなかったときのことです。

 

そして、このページの『サイトに行く』をクリックします。

 

f:id:kikkawaryuji:20170605182834p:plain

 

カードのお申込みはこちらをクリックし、利用規約を読み、必要事項を入力していきます。

ここで注意なのは、リボ払いの申込みはせず、キャッシング利用枠をゼロにすること

経験上、キャッシング利用枠を設定すると審査落ち率が高くなります。

 

そして最後に口座振替手続きをします。

こちらはクレジットカードによって、ネット上で手続きできたり、郵送後紙に書いて郵送というパターンが存在しますので、参考までに。

 

下記に住信SBIネット銀行がありますね。

ポイントサイトでマイルを貯めるのに必要なことの中でも紹介しましたが、住信SBIネット銀行などのネット銀行の口座を持っておくと、非常に円滑に進みます

 

f:id:kikkawaryuji:20170605182933p:plain

 

'インターネットで口座振替手続きをする'をクリックすると次の画面になります。

 

f:id:kikkawaryuji:20170605183130p:plain

 

住信SBIネット銀行をクリックし、

 

f:id:kikkawaryuji:20170605183349p:plain

 

必要事項を入力して、'金融機関へ'をクリックすると、下記のような画面が表れます。

 

f:id:kikkawaryuji:20170605183612p:plain

 

規定を読み、'同意する'をクリックすると、申込みが完了しました。

 

f:id:kikkawaryuji:20170605183829p:plain

 

 

そしてポイントサイトには下記のように、獲得予定明細にNTTグループカードが表れます。ちなみに1ヶ月前に口座開設した住信SBIネット銀行も残ってます(笑)

 

f:id:kikkawaryuji:20170605183906p:plain

 

そして月末に無事ポイントが付与されました。

 

f:id:kikkawaryuji:20170630134144p:plain

 

クレジットカードが無事発行されたにも関わらず、1~2ヶ月経っても獲得予定明細に記載されない場合やポイントが付与されない場合は、問い合わせてみましょう。私の経験上、獲得予定明細に表れない案件やポイント付与されない案件を問い合わせたことが2回ほどありますが、ともに後日ポイントが付与されました。

 

いざクレジットカードが発行されたら

 

いざ、クレジットカードが発行されたら、できるだけ毎月に数円でも利用し、不要と思ったら、更新月前に解約しましょう。

毎月数円利用するのは2つ理由があります。

1つは自身のクレジットヒストリーを育てること。クレジットの審査の通りやすさが上がるそうです。また、毎月2枚も3枚も発行してたら、いつかは審査落ちします。

もう1つは、昨今、ポイント案件目当てでクレジットカードを発行し、まったく利用ないがために、クレジットカード会社が損をし、結果、クレジットカード会社がポイントサイトでの付与ポイントを引き下げてるという裏話があります。

実際に、私が始めた2015年秋頃と比べ、10,000円分ポイントを超える年会費無料のクレジットカード案件は出てこなくなってきています。イオンカードは12,000円分のポイントで、エポスカードは9,000円分のポイントで発行した記憶があります。

今思えば凄い還元額ですね。

 

解約月を忘れないようにする工夫として、私はGoogleカレンダーに○○カード解約予定月と記載してます。いわゆるリマインダーですね。

 

まとめ・注意すべきこと

・ポイント案件はどこ得?をチェック

・クレジットカード案件でポイントが10,000円近いカード、それも年会費無料であるものは狙い目

・リボ払いは申し込まない、キャッシング枠は0円に

・ネット銀行口座を持っておくと何事も円滑に進む

獲得予定明細に表れない場合や、ポイント付与されない場合は問い合わせるべし

・案件の条件は発行だけか?発行後○○○○円利用を見落とさずに!

・クレジットカードの発行は1ヶ月に1回に留めておくのが無難

・発行したカードはできるだけ少額でもいいので、毎月利用し、不要であれば、更新月を前に解約する